鏡の世界紀行記 東京編 その3

19日

東京公演3日目はゆきみちんがお昼から夜までバイトがあったので1人でドームへ向かいました。

電車でゆきみちんと別れ、私は時間つぶしにと原宿へ。
駅を降りると人人人。ここはいつ来ても人で溢れかえってる。
竹下通り歩いてるとき3回くらいセルカ棒で頭叩かれた。あの棒ほんとに邪魔…人混みで使う人の気持ちが理解できない…当たると地味に痛いんだよ…

人に流されながらもお目当てのいけない写真屋さんに到着。激混み、ヲタクがすし詰め状態。
みんな考えることは同じなんだなぁ(笑)
並ぶこと2時間(白目)ようやく自分の順番がきてパネルをポチポチ、お会計の紙を発券しレジ待ち。暇だからTwitterでも見よーとアプリを開いて気付いた。

今日開演17時だ 昨日より1時間早いじゃん

てっきり18時開演だと思い込んでいた私は1人でパニックに陥る。昨日まで覚えていたのにバカな私はすっかり忘れていた。
時計を確認するともうすぐ16時
ドームに着くまで30分かかる、今すぐにでもここを出て向かわないとあの人混みだし間に合わないかもしれない、でもすし詰めに2時間耐えてようやくたどり着いたレジ待ち…!

わけのわからない葛藤をした結果レジ待ちを取りお会計が済むと人混みを押しのけガンダで駅へ向かいました。

方向音痴の私は流れに乗ってヲタクについて行けば開演までにドームに着くはず!と余裕をかましていました。(この状況で)

ところが乗り換えで降りた駅にヲタクらしき人が誰もいない。(パニック)(2回目)
丸ノ内線を探すも場所がわからない。半べそで駅員さんに場所を訪ねなんとか電車に乗りました。

ドームに到着したのは開演5分前。席についた頃には汗だくの顔面ドロドロ。
多方面に向かってスライディング土下座な気分でした。本当にごめんなさい。

夜はヘルシーに棒々鶏サラダを食べました。
そしてゆきみちんが持って帰ってきてくれた超絶美味なケーキを2個胃袋におさめました。(結局)

明日で鏡の世界から抜け出さなくてはいけないという現実がとても辛い…そんなことを考えたら泣きそうになったのでそっと目を閉じたら秒で夢の世界でした(爆睡)

その4へつづく