鏡の世界紀行記 大阪編 その1

ツアーが終わったので振り返ってみることにしましたと言いたいところだがどうやら終わっていないようだ。予想より遥かに早くきた追加公演のお知らせ。20日に歌ったぐっさんは一体なんだったのか。

⊂*`∀´⊃またすぐ会えるから!!

はえーよ!!!余韻に浸る隙さえも与えない、なんてロックなグループなんでしょう!クレイジーすぎるぜ!!(たぶん名古屋行きます)

ということで(?)とりあえず大阪の旅の感想をつらつらと〜

今回のツアーは素敵なご縁に恵まれたこともあり、大阪29.30東京17.18.19.20の6公演に入りました。1回のツアーでこんなに多く入るのは初めてで東京に関しては週4で藤ヶ谷くん見にいってたことになるから終わった今私はもぬけの殻です(クズすぎる)

竹5が終わり少し経った頃、私を鬱に陥らせたあの案件が発生しました。私は女ネタに動じるタイプじゃないし〜!とタカをくくっていました。ところがどっこい。
日が経つにつれてえぐられていくメンタル、そんな自分が気持ち悪くて自己嫌悪に陥るという負のターンに突入しました。 

なんだかんだリア友やヲタ友のみんなに慰められツアー直前にはわんダフォー楽しみ///と思えるまで回復しました。(単純)(みんなありがとう)

大阪はリアル先輩であるみちゃがや先輩と連番しました。
夜行バスに乗り爆睡すること8時間、大阪初上陸!
しかしそこは難波駅という名の大迷宮でした。今自分達がどこに向かって歩いているのかも分からない、最終的に美容院の予約時間に遅れるというオチ。汗と雨にまみれたベチャベチャの状態で髪をセットしてもらいました、美容院のお姉さんほんとにごめんなさい。
しかしこれもいい思い出だ!と無理矢理思うことにしました。

なんとか京セラドームに到着。会場入りしてもなお案件後初めて生で見る藤ヶ谷くんだ…どうしよう…と要らぬ心配をする始末。
まぁいざ始まってみたらそんなこと秒で頭から抜けてたよね☆(単純)(2回目)

私的大目玉はわんダフォー。着ぐるみだろうと予想はしていたけど実際目の前にした時の破壊力といったらそれはもう核爆弾に匹敵するレベル。可愛いの暴力
ピンクのポテっとしたフォルムの着ぐるみ、フードの中にまで施されたキラキラの装飾、背中のネーム入りハートを縁取る白いポンポン、ワイヤー付けるところにぶら下がる小さな骨、極めつけは耳付きフードがあるにもかかわらずそれを完全無視して付けられた犬耳カチューシャ…!!
手の震えを必死に抑え双眼鏡を握りしめました。
藤ヶ谷くんの可愛さに耐えきれず壊れた犬小屋からなかなかなスピードでバクステへ向かうピンクのわんこ(ここはちょっと笑った)
バクステに着いてからはバケットに入った骨を投げる、しかもわざわざメンバーカラーのリボンが結んである…!わんダフォー抜かりねぇ…!!
曲が終わり、きゃ〜急がなきゃ〜♡と言わんばかりにぶりっ子走りで捌けていく藤ヶ谷くん。
最初から最後まで可愛いが詰め込まれていてまさにトッポだった。

当の本人は自分で可愛いと分かっていながらやっているんだと思うとさらに美味しくいただけました。

わんダフォーで体力の80%を使い果たした私でしたが、その後も無論藤ヶ谷くんからの可愛いの攻撃は続くわけで終演後には藤ヶ谷くん可愛い…しか言葉を発せなくなったのは言うまでもない。

その2へつづく。